fbpx
  • No Products in the Cart
田中十靴店
0
  • No Products in the Cart

Browsing Tag

Saint Crispin’s

  • これやからSaintCrispin’sはやめられへん 其の五 デザイン編

    11月 30, 2022

    私はサンクリスピンを始める際、オーストリアのサンクリスピン事務所に出向きました。

    代表のフィリップとお話しその場で当店の黒、ブラキッシュパープルは出来るか?等打ち合わせをし取引する事となりました。

    その後フィリップ曰く、「靴の細かい事はルーマニアの職人と話してね~」という事でそれ以来ずっとルーマニアの職人とメールでやり取りをし、商品をセレクトしています。

    私も靴に携わって結構長いので、これは出来る、これは無理、これ出来そうは大体わかります。

    なのでこれ出来る、出来そうは職人に確認し大体実現してきちゃいました。

    部分的なパターン変更は勿論、通常オーダーでは指定が中々難しい事が当店では可能です。

    そしてついには靴のパターン、デザインを作ってもらうようになりました。

    ※パターン代をお支払いしております

    Saint Crispin’s Oxford, long and short wing full brogue Black

    今回一からパターン作ってしまったSaint Crispin’s Oxford, long and short wing full brogueのデザインのご紹介です。

    外側

    内側

    正面

    私の頭の中で文字通りグルグル回っていたデザイン。外側がローグウイングでグルっと回って内側はショートウィング。

    私は捻くれてるのか、非対称な物が結構好きです。対をなす靴なので両方揃うと対象、ここも気に入っています。

    職人にこんなデザイン出来るかな?とまずはメールで相談。インサイド、アウトサイドのイメージを送りました。そうすると返ってきた返事は、「2足どちらも出来るよ」

    いやいや2足の靴じゃないです。内と外でデザインが違う1足の靴です。

    こんな感じのスタートです。

    ようやく職人にもご理解いただけたところで、まずこのパターンは大きいので各サイズ毎に作る際、毎回お値段が高いとの事。ここも重要です。

    シームレスバック

    そして極めつけは、踵の中央で革を継ぐか継がないか。勿論継がない方がよりパターンが大きいので高いです。継がない方が後ろからの見た目格好いいよな。職人も「継がない方が格好いいけどね」という最後の一言。

    ここはもう妥協せずいこうと...

    継ぎ目を踵の内側まで持ってきました。ここで継ぐならもう一つ仕掛けよう。

    内側に小さなウイングを設けました。

    仕様が決まり出来上がりを見た事がないのに発注。

    この時点でまだ想像の靴です。

    しかしサンクリピンの職人さんは非常にセンスがいい。作っている靴、当店でお願いした靴からセンスを信頼しているのでそのままGOです。

    Saint Crispin’s Oxford, long and short wing…

  • これやからSaintCrispin’sはやめられへん 其の四

    3月 26, 2022

    デザインを作ってもらいました。

    当店にしかないです。(今のところ)

    これやからサンクリスピンはやめられへん。

    Saint Crispin’s Derby 5 eyelets punched cap toe ¥239,800(税込)シューツリー込のお値段です

    ここ数年、インスタ等の画像を見ていて、ふと気づくとワークブーツの画像が目に留まるようになっていました。

    羽根の切り返しや、ステッチの入れ方、特に底周りの意匠が気になりました。今のお仕事スタイルや少し力の抜けたドレススタイルに丁度いいかな?と感じたんです。

    そこで私のイメージするワークブーツの意匠を取り入れたデザインをこちらで考え、サンクリスピンに依頼した次第です。

    インパクトあるレースステイ

    まず、このアーチを描いた羽根とパーフォレーションに外ハトメ!!

    ここが当店デザインの肝です。

    そして、この羽根の切り返し。

    ちょっと凝ってます。内側に縫われて最後外側に。

    アーチパーフォレーションは羽根根本に繋がる形で。

    パーフォレーション(穴飾り)は親穴(巣穴?)のみ子穴(小さい二つの点々)は無くしてみました。

    こうする事でデザイン自体が武骨な雰囲気のみにならないように。

    ヒールにも他のサンクリスピンにない仕掛けアリです!!

    Higher heel, plus 4mm, Cuban style

    通常より4ミリ高くしてもらい、接地面に向かって絞るキューバンヒール(ピッチドヒール)

    そしてこのヒールの出発点、根本!!に張り出しを設けてもらいました。

    ワークブーツに見られるヒールの形状をヒントに、私はドレス靴メーカーに依頼する事で非常にエレガントに仕上がると考えました。

    ルーマニアの職人さんと直接メールでやり取りするんですがここを伝えるのに一番苦労しました。

    苦労した甲斐アリ非常にエレガントに。

    そしてこの少しのボリュームがドレス靴でありながらカジュアル感を演出していると思ってます。(こんな仕様を指定出来るのも当店ならではです)

    Saint Crispin’s Derby 5 eyelets punched cap toe

    価格 ¥239,800(税込)シューツリー込素材 クラストカーフ色 Dark Brown底材 Single leather sole+Higher…